引越し 東京 横浜

東京−横浜の引越し料金 安い業者を探す方法は?

ズバリ聞きたい!東京―横浜間の引越し料金はいくらなの?

 

では早速、具体的に東京―横浜間の料金を見ていきましょう。
あくまで大体の料金なので、参考程度に見ておいてください^^;

  • 単身(荷物少なめ):2万円〜4万円
  • 単身(荷物多め):3万円〜6万円
  • 二人:4万円〜8万円
  • 三人:6万円〜15万円

東京都と神奈川県は隣接しているということで、びっくりするほど高くはないと思いますが…いかがでしょうか?

 

とはいえ、福沢諭吉さんが何枚も出ていくことにかわりはなく…。
諭吉さん、少しでも多くお財布の中にいてほしいですよねw

 

というわけで、ナントカしてこの料金をちょっとでも下げてみましょう!!

少しでも引越し料金が安くなる方法って何?

引越し料金を可能な限り下げる方法はイロイロあります。

 

自分の都合に合わせ、使える方法は全て使った方が良いでしょう。

 

引越し業者に払う料金以外にも、初月家賃や水道光熱費、新しい家具家電代…とにもかくにもお金が必要なのですから。

 

削れるところで削った方がイイです^^

<その1>平日に引越し

土日に仕事や学校がお休みという人が大半を占めている関係上、利用者が少ない平日は料金を安くしている業者も多いです(※平日も土日も同料金という業者もあります)。

 

平日にもしお休みがとれるようでしたら、引越し日を平日に指定すると良いでしょう。

<その2>繁忙期を避ける

引越し業者の繁忙期。
それは、人事異動の多い3月〜4月、お盆休みや夏休み等長期休みの人が多い8月辺りを指します。

 

もし引越し時期を調整することができるのであれば、繁忙期以外の時期に行うと良いでしょう。

<その3>混載便やフリー便を利用

引越し方法の1つに『混載便』や『フリー便』なるものがあり、専任のトラック&運転手がつくより料金を安くすることが可能です。

 

前者は複数のお客さんの荷物を1つのトラックで輸送する方法、後者は引越し時刻を業者に都合の良い時間に指定することができる方法です。
前者はあまり荷物が多いと利用できない場合がありますし、後者ですと、何時に業者が来るかわからずストレスになる場合があります。
どちらが良いと単純には言えませんが、料金をとにもかくにも抑えたい!という方にはオススメです。

<その4>中小の引越し業者を探す

大手の業者より、中小の業者の方が引っ越し料金が安い事が多いです。
大手はCMもバンバン流しますから、お客さんもたくさんついており信用度が高いかもしれません。

 

とはいえ、中小の業者が必ずしもサービスが悪いわけではありません。
地元密着型の、信頼を着実に得ている業者もたくさんあります。
そして何より、料金が大手より安いことが多いのでオススメです。

<その5>値切る!!

近所のスーパーにいってもなかなか値切れませんが、引越し料金に関して言えば、値切ることも不可能ではありません。
個人の交渉能力にゆだねられることにはなりますが…><
「え、御社の見積もりは5万円ですか?X社は3万円でやってくれるそうなので、X社にしようかな…(チラッ)」という具合に、思い切ってチャレンジしてみるのも良いかもしれません!?

<その6>自分や家族、友人だけで行う

この方法は、一見タダに近い金額で引越しできるように思えます。
ですが…友人相手ですと、食事をおごるなど何らかの形でお礼をするのが礼儀というものでしょうし、
何より、荷物の紛失・破損などがあった場合、一体誰が責任を取るのか?素直に弁償してくれるのか?
という不安がつきまといます。
そう考えると、多少高くついてもプロの業者に依頼した方が「安物買いの銭失い」にならずにすむと思います。

【無料見積もり】を今すぐ知りたい!使いたい!

上にあげた方法で引越し料金を安く抑えるのは勿論ですが…他にも重要な方法が1つあります。

 

それは!

 

【無料見積もり】を利用することです!!

 

【無料見積もり】とは、その名の通りタダで引越し料金を見積もってくれることです。

 

一昔前であれば、電話帳で引越し業者の電話番号を調べ連絡を取り、見積もりを依頼するところから始まります。
そうなると、時間もかかりますし面倒くさいですよね><

 

 

もっと楽に見積もりを取りたい!

 

たくさん見積もりをとって、料金の安い業者を選びたい!!

 

 

そんなささやかな願いを叶えてくれる、とっても簡単な方法が現代にはあるのです★

 

インターネットを利用すると何が違うのかといいますと!

 

簡単に、複数の引越し業者から引越し料金を見積もってもらえるのですっヾ(o≧∀≦o)ノ゙☆

 

荷物の量や住所など、必要な情報を入力し送信するだけ!そうすると、5社〜10社くらいの引越し業者から、見積もり料金の連絡がくるというシステムなのです。
その中から取捨選択し、最も安い業者に依頼をすればOK♪v(>∀<*v)

 

さあ、今すぐ無料見積もりサイトに行ってみましょう♪

 

↓↓↓ 24時間申し込み可能!無料見積もりサイトを利用して楽に安く引越そう!! ↓↓↓

 

 

引越し侍は、無料で利用できる引越し見積もり比較サービスです。2つのサービスが用意されており、1つが引越し予約サービス、そしてもう1つが引越し一括見積もりサービスです。2つのサービス共に単身とファミリーの引越しに対応しているので、幅広い方が利用する事ができるのです。

 

予約サービスについてですが、インターネット上で引越し業者の見積もりを比較する事ができ、希望の業者が見つかった場合そのまま予約できるサービスです。引越し内容を入力して検索するので、自分の都合に合った業者を絞り込む事ができます。料金はもちろん、サービス内容や口コミなどを比較できるので探しやすいでしょう。空き状況も確認できるので、空いていたらそのまま予約できます。

 

そして一括見積もりサービスは、複数の業者に一括で見積もり依頼できるサービスです。依頼すると最大10社から見積もり料金の案内の連絡が入ります。直接業者から電話かメールで連絡が入るので、料金やサービスを比較して選ぶ事ができます。業者とやり取りができるので、料金やサービスの交渉も可能です。引越し侍は安く引越しをしたい、また、どれくらいかかるのか相場を知りたい方などが便利に利用できるサイトです。

 

 

 

一人暮らしは単身パックが良い?

テレビCMなどで引越し会社の単身プランを見掛けた方も多いと思います。一人暮らしの方は東京−横浜間の単身引越しでは、なんとなく単身パックやプランを利用した方が良いのかな?と考えている方もいらっしゃるでしょう。

 

単身プラン・パックにはおおまかに言って2つのタイプがあります。

  • 定型サイズの専用ボックスに荷物を積むタイプ
  • 荷物を見積もってジャストサイズで運ぶタイプ

どちらがお得なのか?は、あなたの荷物量によりケース・バイ・ケースとなりますが、1つだけ覚えておいていただきたいのは、前者の専用ボックスを利用するタイプの場合は荷物量が限られてきます。もし専用ボックスに収まらない場合には二箱目の専用ボックスが必要になることもあり、その場合には料金が倍となってしまいます。そうなると単身パックを使うメリットが全く無くなることになります。

専用ボックスタイプの単身パックは

代表的な単身パックが「クロネコヤマトの単身引越しサービス」です。東京〜神奈川県は22,050円と明記されています。このパックを利用する時に気をつけたいのは上でも書きましたが荷物量がどうなのか?に尽きます。

 

専用ボックスのサイズは「1.04m×1.04m×1.70m=1.83m3」ですので大きな家具やベッドなどは当然ながらこの単身パックでは積めませんので注意しましょう。専用ボックスの大きさは押入れ一段分相当となりますので、ほぼ初めての一人暮らしを始める方で引っ越した後に家具や家電を買い揃える方にしか向かないと考えても良いかと思います。

東京−横浜間の都県を跨ぐ場合には?

大手引越し業者ではほとんどのところで単身プランを用意しています。ただ、それぞれの会社によって条件が異なります。

 

例えば大手引越し会社のアリさんマークの引越社には安くて評判の「ミニ引越しプラン」があります。このプランは【同市内同区間5km以内限定】とされています。ですので東京と横浜市の都県を跨ぐ引っ越しの場合には残念ながら利用出来ないことになります。

ワンルームパックは?

一方で、テレビCMでもお馴染みの日通のワンルームパックは都県間の引っ越しには特に注文はないようです。

 

条件としては15q〜30q以内で、作業時間が4時間で終わる単身引越しとなっています。

 

このワンルームパックには2つのタイプがあります。

  • ワンルームパック 1R〜1DKの荷物量相当(30u以下) 平日29,800円 土日祝34,800円
  • ワンルームパックPLUS 1R〜2DKの荷物量相当(30u超〜40u) 平日39,800円 土日祝44,800円

となっています。2トントラック(PLUSは2トントラックロング)を使用しますので、ベッドなども運搬出来ます。

 

ただし搬出・搬入作業時に玄関が狭くて荷物の分解が必要だったり、マンションの立地条件からトラックまでの距離が遠かったりした場合には上記価格にプラスして作業料金が発生しますので注意してください。

 

 

↓↓↓ 24時間申し込み可能!無料見積もりサイトを利用して楽に安く引越そう!! ↓↓↓

 

 

東京⇔横浜市間の単身引越しの費用を安くするには?

単身の引越しの場合の方法として東京⇔横浜市間の引越し費用を一番安くあげるには、軽トラックをレンタカー屋さんで借りて友人数人に手伝ってもらうということでしょうか。ただし、この場合でもレンタカー代や友人へのお礼などの費用はかかります。そして当然近距離の引越しでなければ無理だといえるでしょう。

 

あとは、複数の引越し業者に見積もり依頼を出して一番安いところで運んでもらうという方法になろうかと思いますが、こと単身で近距離と言う場合なら赤帽などの業者に頼んで自分自身も荷物を運ぶ助けをするという方法も引越し費用を抑える方法のひとつです。

 

単身引越しの費用を考えた場合、引越し業者によっては単身パックや学生向けパックなどが存在し値段設定も安く設定されている場合があります。近距離の場合は、これらをうまく利用すると実際には友人に頼んで手伝ってもらったときの費用とさしてかわらない可能性もあります。

 

また、遠距離の場合はベッドやら大型電化製品などは引越し荷物として運ぶよりも引越し先で新たに購入したほうが結果的にお得な場合もあります。これも引越す時期や曜日、距離や荷物の量で全てが左右されますので、実際にはどうなのかは自分自身で引越し業者から見積もりを取って確かめる必要があります。

 

とにかく安くあげるというのであれば、自分ひとりのことですから荷物は減らして平日などの引越し業者の値段設定が安い日をあえて選んで引越しをすることが一番のベストな選択といえるでしょう。

東京−横浜間の引越しは近いからと油断しちゃダメ!

東京と横浜の中心部同士の距離は30q程度ですので、近距離の引越しの部類ですね。とはいえ、たとえば横浜の緑区や青葉区の長津田や青葉台、たまプラーザから東京都町田市に引っ越す場合には、もっと近い距離となりますので、当サイトに掲載した価格はあくまで目安とお考えください。

 

都と県を跨ぐことになりますので、距離が近くても業者によっては利用できないサービスもあるようです。たとえば単身引越しで利用されるアリさんマークの引越社の「ミニ引越しプラン」などは《市内の同じ区内5km以内限定》という条件があったりします。

 

あなたの引越し予定日でどこが一番安いのか?は見積もり一括サービスを使って比べるのが最も確実な方法ですので覚えておいてくださいね。

 

東京⇔横浜市間のファミリー引越しの費用

ファミリーの引越し費用も最初はもちろん、複数の引越し業者に見積もり依頼をします。その中で色々な無料サービスや有料オプションを考慮したうえで業者を決めていくという手順になろうかと思います。

 

その際に引越し費用に差が出てくるのは、近距離か遠距離かの違い、もちろん遠距離のほうが高くなりますが、東京などの大都市圏での引越しは近距離でも思ったほど安くならない傾向にあります。荷物についてはもちろん、できるだけ不要と思われるものは捨てるないしは、リサイクルショップなどで売ってしまうなどして量を減らしたほうが安くなります。よく引越しをした後に荷物整理の時に不用品を処分と考える方がいらっしゃいますが、それは間違いです。

 

安く上げようと思うのであれば引越しをする前に処分を完了させておくべきです。そして、引越しの日時の選定が許されるのであれば、引越し業者の繁忙期にあたらないような時期に平日で行うと繁忙期に同じ引越しを行うよりも数万円以上安くあげることが出来る可能性があります。これらのことに有料のオプションの料金が加算されるということになります。

 

以上は引越しをする人の事情を変更したり頑張ったりすることで引越し費用を抑えることが可能な部分なのですが、物理的に費用を抑えようがない部分としてはマンションへの引越しの場合です。階数が上に行くほど引越し費用は高くなる傾向にあり、特に階段がないマンションなども費用が高くなる設定となっています。全てに言える事ですが、東京⇔横浜市間の見積もりの際の費用の交渉は可能ですから遠慮せずに希望は話してみるべきです。

 

 

↓↓↓ 24時間申し込み可能!無料見積もりサイトを利用して楽に安く引越そう!! ↓↓↓

 

 

 

 

東京と横浜市間の引越しのいろいろなケース

企業の引越し費用

企業の引越しは当然のことながら個人の引越しとは違い大規模なものとなります。現在入居している事務所などの契約との兼ね合いもあるでしょうから、実際に引越しをする半年や1年以上前には予定が決まっている場合がほとんどでしょう。

 

企業の引越しの引越し費用は基本的には企業の規模によってまったく変わってきます。もちろん規模が大きいほど引越し費用もかかるわけですが、共通して言えることもあります。それは、引越しの際に不要なものはできるかぎり処分して荷物を減らすこと、オフィス機器でしたらリサイクルで買い取ってもらえる場合も多々あると思いますので買い取り業者などを大いに活用すべきです。さらに引越しの見積もりは複数社からとったほうがベストですが企業にとって大事なものもたくさんあるわけですから、企業の引越しをたくさん手がけている引越し業者を選択するべきだということです。

 

企業の引越しの場合は引越しの翌日から何事もなかったように営業ができないと業務に支障を来たします。そういう意味では企業の引越しに慣れた引越し業者に運送や配置だけでなく配線から諸手続きまで気がついて行ってくれるところに頼んだほうがメリットがあります。費用が安くてすむ業者に頼んでも引越しの翌日の業務に支障をきたすようでは何にもならないわけですから。規模が大きい引越しほど事前に綿密な打ち合わせが必要です。撤去、解体、処分に至るまで引越し前の事務所での作業を円滑にかつ費用を抑える努力をしなくてはなりません。うまく引越し費用を抑えることができれば相当な金額の節約になるはずです。

生活保護者の引越し費用

生活保護受給者が引越しをする場合は、それなりの理由がなければ引越しができません。立ち退きや、災害などの特殊な事情がないと引越しができないのです。引越し費用を出せるようなお金はないでしょうから、ケースワーカーと相談の上、現在の住居よりも安いところに引越すのであれば補助が出るといった具合です。

 

生活保護受給者の引越しの場合は近距離がほとんどだと思われますが、生活保護受給者だからと言って特別に何かが安くなるとかいうわけではないので、一般の場合と同じように引越しするためには引越し業者に見積もりを普通に出してもらうこととなります。もちろん、複数の業者に見積もりをしてもらい、ケースワーカーと相談して一番安いところに決めると言った流れとなります。生活保護受給者であれば、なおのこと引越し費用にお金をかけたくありません。

 

特に補助の対象でない自分で処理しなくてはいけない部分についてはなおさらです。一般の場合と同じように荷物は極力減らして、不用品は処分するなりリサイクルショップにてお金に換金する努力は惜しまずやるべきですし、引越しの日時も間違いなく繁忙期でない時期を選んで平日に行うこととなるでしょう。考えうる一番安くあがる引越し費用しか補助の対象にならないからです。引越しには思いがけない費用がかかってくる場合がつきものです。生活保護受給者であれば、ことさらその辺りには注意を払ってケースワーカーへの相談と共に引越しを行うという段取りになります。

ペットの引越し費用

引越しの準備や引越し業者に見積もりを取ったりと忙しく引越しまでの間を過ごしていると、家族同然に飼っているペットのことを忘れがちです。当然、引越しの際にはペットも一緒に引越しをするはずです。

 

では、ペットの引越しはどのようにしたら良いのでしょうか。一番よいのは飼い主であるみなさんと一緒に移動するのがペットにとっても幸せですし、飼い主にとっても安心です。自家用車で引越し先まで移動するならば一緒に、鉄道などで移動するにしても届出をして一緒に移動するのがベストな選択と言えましょう。

 

それでも、どうしてもペットとは別で引越しをしなくてはいけないというのであれば、引越し業者に頼んでトラックの空いたスペースに乗せてもらうという方法もありますが、あくまでも荷物扱いとなってしまい空調も効いていない真っ暗な場所での移動はきっとペットの健康にも悪影響を及ぼすでしょう。

 

そんなときは、一番良いのはペット専用の引越し業者にお願いして運んでもらうことです。ペット専用ですので、トイレや食事の手配はもちろんのこと、できる限りストレスが溜まらないように配慮もしてくれますし、場合によっては獣医師がしっかり見守ってくれることだって可能です。ただし、引越しの荷物ほどはかからないものの、それなりの料金は必要なことは了解しておく必要があります。それでも大事な家族の一員です。命はお金に買えることは出来ません。安心して任せられる業者に頼みたいものです。

 

日本の首都・東京は昼と夜で人口が異なります。
昼は東京の会社にいるけど、夜は埼玉や千葉、そして神奈川のような周辺の県に住んでいるという方も多いです。例えば横浜ですと、京浜東北線などを利用すれば乗り換えなしで東京に行けますから、通勤に便利ですよね。休日は横浜の自宅から、横浜中華街も東京スカイツリーも両方簡単に行ますし、日常的に東京と横浜を行き来している方もいるかもしれません^^

 

と いうわけで、転勤で…という可能性は低いものの、「東京は家賃が高い!」「東京は子育て支援が充実しているからそちらに住みたい」「結婚して横浜の彼の実 家に住むの…」「東京より横浜の方が好きだ!」などなど様々な理由で東京―横浜間の引越しをすることもあると思います。

 

隣の県同士の引越しなので、案外料金は安そうですが…実際にはいくらかかるのか?
安くできる手段はあるのか? このサイトで検証していきたいと思います♪ヽ(*⌒o⌒)人(⌒-⌒*)v

更新履歴